日帰りで行けるスノボツアーの魅力をご紹介!


深夜発のツアーを楽しむ

スノーボードに行く際は、マイカー・バス・鉄道といった複数の移動方法がありますが、運転をする事なく深夜時間帯に移動出来るのが、バスを使ったツアーです。深夜発のスノボツアーは、東京や神奈川などの都市部を日付変更前に出発し、目的地のスキー場には5時前後に到着して、駐車場で小休憩を挟んでから滑り始めます。オープンから滑れるメリットがある事から、長時間滞在で何度もリフトに乗れる事でレベルアップが確実に出来るでしょう。深夜発は、0泊2日の車中泊が基本となっているので、仮眠がしっかり取れるグッズを持って行く事も大切であり、走行音対策の耳栓や照明をカットするアイマスクは忘れないようにして下さい。

早朝発を使ってみましょう

早朝発は、6時台や7時台に都心を出発して、9時台に現地スキー場に到着するスケジュールが一般的です。長時間滞在は出来ないものの、4時間や5時間程度は滑れるので、初めてスノーボードをする方や家族連れの方におすすめのツアーと言えます。

新幹線で行く事も可能です

スノボツアーは、新幹線で行く事も可能で、東京発・大宮発の信越・北関東・南東北方面に行ける商品が提供されています。バスより高めのツアー代金ですが、往復両方で早く移動出来るメリットや、自由席を選択すれば夕方まで滑る事が可能です。なお、スキー場最寄り駅からスキー場までは、一般の路線バスかスキー場直行のシャトルバスに乗りますので、新幹線からバスの乗り継ぎ時間の確認は事前に確認しておくようにして下さい。

スノボツアーはまとまった人数で行動でき、初めて行く場所でも楽しみやすく好みに合わせて選べることがメリットです。